About Us

はじめに

私たち株式会社メディカルコアソサエティは「日本の医療社会における人材の適所適材を推進する」ことをミッションに掲げます。

医療の核は施設や設備ではありません、人材です。

私たちは、医療関連施設と医療者との出会いの場であるメディカルコアソサエティを提供いたします。

医療人事の円滑化を促すことで、医療サービスの向上と成長に貢献してまいります。


医療関連施設の経営者様へ

今、雇用している医師に問題がある、他の医師に代えたいと思っても、あからさまに貴院の名前で医師を募集できますでしょうか。

今いる医師がヘソを曲げたら即転職してしまうかも知れません。また、今いる医師が大学医局からの出向者であった場合、その医局に知られたら大事になります。

したがって、あなたは、必然的に秘密裏に人材紹介会社を利用しようと思うはずです。

巷には、数多くの人材紹介会社が存在しており、あなたも利用された経験があると思います。


私たちも人材を確保するときに、あなたと同じように人材紹介会社を利用するがことあります。

募集や採用に関わる手間は省けますし、数多くの人材と知り合えるというメリットがあるからです。


その一方で、採用できたとしても採用者が短期間で退職するというデメリットがあります。

その度に人材紹介会社に支払う高額な手数料は無駄になり、腹立たしい気持ちを抱きます。

それだけでなく、その退職者が元の人材紹介会社に行って、次の紹介をお願いすることもあるため、腹立ちが増幅します。


医療社会の大元の原資は、健康保険制度に依存しているため、すべては非営利活動が前提となります。

毎年、渡り鳥のように病院を転々と変えていく医師を大切に扱っている人材紹介会社を見ると、社会悪を連想し、健康保険制度を歪める悪因の一つであるように思えてきます。

このような無駄な費用を発生させず、その費用を患者様のための医療サービスの向上、医療設備の充実、従業員の還元に使いたいと思われないでしょうか。


ところで、人材紹介会社を通すと、なぜかミスマッチが起きてしまいます。

なぜなら、第三者を通すことでバイアスが発生するからです。また、人材紹介会社は、ビジネスであり、利益追求を第一にするという前提があるからです。


ミスマッチが起きる理由を募集段階ごとに説明します。

募集段階では、あなたが大切にされている思いが、適切に伝わらないことがあります。

また、事業継承のようなナーバスな情報は、多くの人の目に触れてほしくないため、情報を制限しています。

候補者選定段階では、第三者があなたに対して、候補者を適切に選定できていない可能性があります。特に最近では、人材紹介会社が効率性を重視して、システム上で簡単にマッチングさせればよいという無責任さも加わっています。

面接段階では、お互い着飾ってやりとりするため、数回・数時間会っただけでは候補者の人となりを知ることは、とても困難です。

なにより、一番の問題点は、あなたが求職者を求めるタイミングと転職希望者のタイミングが必ずしも合わないことです。人材紹介会社にお願いするのは緊急を要する場合が多いのではないでしょうか。


では、どのようにすれば、必要とする人材と良いタイミングで巡り会えるのでしょうか。

解決の糸口は、「何かの機会」で出会って、もともと知り合っていて、相性の良さを確認できている。その上で「その知り合いに声をかける」「その知り合いから声をかけられる」ことだと気づきました。


あなただけでなく、私たちも「募集した。応募した」「紹介を依頼した」などが、医療社会に適さないことを知っています。

そこで、私たちはメディカルコアソサエティという「医療関連施設の経営者と医師・看護師・薬剤師が、お互いの名前は隠したままで、人間性や足跡、現状、志向性、思惑を熟知し合ったうえで、知り合いになる機会を提供する」というサービスを世に送り出すことを決意しました。

面接という堅苦しい場ではないところで、喫茶や食事をしながら話し合うだけで、相性は確認できます。

ゴルフで知り合いになり、何度も一緒にプレイするとお互いの性格を知ることができます。

共通の趣味を肴にお酒の席を何度も一緒にすれば人となりも見えてきます。何度も会うことで、見えないことが見えてきます。


このような人脈の中から求職者にお声がけすれば、相性問題によるトラブルは避けられますし、求職者から「貴殿のところで一緒に働きたい」と嬉しい売り込みがあるかも知れません。

やはり、大切な人材を確保することを他人任せにはできません。

私たちのサービスは求人に関して即効性を満たすこともできますが、これまで述べた通り、医療社会の採用は対症療法的に行うのではなく、将来を見据えて、十分に時間をかけて行うことが大切だと考えます。

これを機会に、私たちのサービスをご利用いただき、将来を見据え、あなた自らが大切な人材と知り合われることを切に願います。それにより、私たちは医療サービスの向上に繋がっていくと確信しております。


医療者(医師、看護師、薬剤師)様へ

いま、あなたは仕事上の不満を持たれていませんか。同僚、後輩と自分を比べて、納得できない思いがありませんか。もしくは、将来に不安を抱えられていないでしょうか。

転職したいと思っても、それを露わにするわけにいかないあなたは、どのように転職先を探されますか。また、どのようなタイミングで転職先を探されますか。

不満をお持ちであれば、人材紹介会社に登録して、紹介会社から求人情報の提供を受けて応募されると思います。また求人広告に応じてみることもあるかと思います。

これで良い就業先が見つかれば良いのですが、転職されたことがある方の中には、「このようなはずではなかった」というご経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ミスマッチが起きると、あなただけでなく、医療施設、そして患者様も不幸になります。


なぜミスマッチが起きるのか、その原因は人材紹介会社の在り方にあります。

人材紹介会社が医療施設経営者からの要望、あなたの要望を適切に引き出せていない可能性があります。

人材紹介会社の多くが、採用確定後に手数料が受けとれる成果報酬形式で医療施設と契約しておりますので、採用後の求職者の定着や活躍にはあまり関心がありませんので、必然的に採用確定に焦点が絞られます。

さらに、所属するコンサルタントの給与は成約と連動しているため、求職者の真の要望とマッチしなくても成約の可能性が高そうな求人先を紹介してしまうことがあります。

ただ、多くのコンサルタントは真面目に仕事をされていますが、そのような方があなたの担当となるとは限りません。

本当に、人材紹介会社にあなたの未来を任せてしまって良いのでしょうか。いや、もっと根本的な問題として、新しい就業先をあなたが探していることを誰かに知られていいのでしょうか。


その解決策として、私たちは「医療施設経営者とあなたが、真のプロフィールを隠した状態で、直接やりとりできる」メディカルコアソサエティをご提案します。もちろん、相手の医療機関の場所、規模、足跡、特徴、傾向などは、事前に熟知できます。

私たちのサービスをご利用いただき医療関連施設の経営者と良い関係を築いていだければと思います。

また、現状に不満をお持ちでないあなたにも、メディカルコアソサエティをご利用いただきたいです。

なぜなら、将来の就業先候補の経営者と早めに知り合っておく必要があるからです。

Uターンを希望される方、地方の医療に携わりたい方、都会での医療に携わりたい方、様々な思惑があると思いますが、急に転職しようと思っても、その時に良い転職はないかもしれません。あったとしても相手のことをよく知らずに転職してしまうと、トラブルが発生する可能もあります。

時間を掛けて相性が合う方、要望が合う方を探すことこそが、転職の近道と考えます。


これを機会に、私たちのサービスをご利用いただければ、医療社会における人材の適所適材が促進され、医療社会の成長に繋がると信じております。


社会問題の解決に向けて

私たちは、3つの社会問題に正面から取り組みたいと考えております。

1つ目が、医療費の削減です。

医療業界では、他の業界と同じように人材紹介会社による職業あっせんが行われています。

人材の流動化という良い効果はあるものの、紹介のミスマッチによる短期の入退出が多々発生します。

ミスマッチが起きる度に医療施設では不要な支出が発生し、これが国民医療費を大元の原資として、賄われているのが現状です。

私たちのメディカルコアソサエティを活用いただければ、ミスマッチを低減できますし、採用費も大幅に削減することができます。

その結果として、医療費の削減に寄与できると考えております。

2つ目が、地方の医師不足です。

地方では医師が不足しており、テレビや新聞等で取り上げられることが多くなっております。故郷に戻って診療したくても、それを許さない医局事情もあります。また、地方で診療したくても、地方の病院に知り合いがいない状態、地方の事情を知らない状態で、転職するわけにもいきません。

また、一例ですが、世の中には1年のうち3ヶ月であれば継続的に地方に勤務したいという医師は何名もいます。そのような医師を4名探せれば、へき地・離島などの常勤医師の代わりとなります。

メディカルコアソサエティをご利用いただく方の工夫次第で、より柔軟な求人活動を行うことが可能になり、日本の医療問題の一つである、地方の医師不足を多少なりとも解消できると考えます。

3つ目が、人材配置における医局支配からの緩和です。

大学医学部における医局が、医師育成、医学研究母体として重要な役割を演じていることは百も承知しております。しかし、地方においては、医局が医師の病院配置を巡って、医師や医療機関に意地悪することもあります。

医局に所属したまま働く場所に対する自由性を得られれば、医療社会はますます発展します。

私たちはその発展の元となるサービスを提供したいと願っております。


おわりに

医療社会の大元の原資は健康保険制度に依存しており、医療に関連する活動のすべては非営利活動が前提です。

医療関連施設は6ヶ月コースで15万円(税別)です。非営利活動の心づもりで、システムを維持するためのぎりぎりの価格で設定させていただきました。

医療関連施設にとっては、月額2万5千円(税別)で、末永く人材の安定を目論めますので、負担感は小さく、受益性は極めて大きいと思います。

医師、看護師、薬剤師には、不本意ながらいくらかの会費を設定させていただきました。その理由は「その気がないのに入会したままの状態の者がたくさんいる」という「場荒れ」を防ぐためです。

その非営利活動の医療社会に関わる人材紹介会社は、高額の手数料を設定しており、社会悪とみなすべきもので、健康保険制度を歪める悪因の一つとなっています。

皆で協力し合い、私たちのサービスを医療社会の進歩のために利用してくださることを切に願います。



令和元年11月28日

株式会社メディカルコアソサエティ

代表取締役 富樫裕資